賃貸派のメリット・デメリット

賃貸派のメリットとしては、事情ができたり、気に入らなければ比較的容易に他に移ることが出来る事です。このために転勤族などに向いています。
また経済的事情でより家賃の安いところや、少しくらい家賃が高いが、より広く、快適なところに移りたいという時にも便利です。気まぐれで飽きっぽい人にも向いているでしょう。しかし賃貸派のデメリットとしては家賃は払ったら何も残りません。 極端な場合には何十年間も同じ所に借り続けていたら、元本価格を上回ってしまう場合があります。

もし初めに同じ物件を購入して、住続けたとしたら家賃は1円もいりません。固定資産税、維持管理費、損害保険料、建物減価償却費等の必要諸経費はかかりますが、家賃に比べたらかなり安く付きます。そして地価変動以外は確実に元本価格は手元に残っているので資産形成にも役立ちます。 それでは一体どれくらい住み続けるなら購入した方が良いでしょうか。
それは元本価格を年額支払い家賃で割った数字以上の年数借りていたら元本価格以上の家賃を払ってしまうことになります。

ですからこれが上限と言うことになります。しかしそうは言っても借り始めたころはそんなに長く借り続けるつもりでは無かったが、結果として長居してしまった。 という場合もあるでしょうし、前記の通り、賃貸派のメリットもたくさんある。
元本を買う資金も無く、ローンも収入が不安定なために組めないという人達もいるでしょう。

どちらを選ぶかは結局そこに住む人の事情によっていろいろと変わるので、一概にはどちらがいいとは言えないというのが結論では無いでしょうか。

賃貸住宅を借りるのに良い時期 - その他(住まい) - 教えて!goo