持家派&賃貸派

住宅選びには賃貸と持ち家という2つの方法があります。
持ち家の場合は、自分の好みの家をデザインする事ができたり、思い描いている理想の家を作ることができます。マンションや賃貸アパートでは同じデザインが多くなっているために贅沢を言うことができないし、自分好みのデザインのアパートやマンションを賃貸で探すことは非常に難しくなっています

それに、賃貸の場合には毎月家賃の支払いがあります。短期間で借りるのであれば、先のことを見ることができますが、いつまでも賃貸料金を支払い続けるというのは非常にもったいないことです。同じ家賃を支払うのであれば、住宅を建ててローンの返済にまわしたほうがお得なのでは?と思っている人もいます。
しかし、持ち家になればいつか外壁や設備関係が劣化をしてしまうので、修繕にお金がかかってきます。
なので、その分余裕を持ったり税金関係も増えてしまうので賃貸物よりはお金がかかってしまうかもしれません。賃貸は他人のもので持ち家は自分の資産になります。

こうしたことを考えると、計画性が必要になってきます。賃貸分を住宅ローンにまわすのはいいですが、どのようにして返済をしていくかとか購入をするときの頭金の確保はされているのかなど色々なことがあります。
なので、賃貸と持ち家はどっちがお得なのかというのは一概に判断をすることができません。住む人によって、全然考え方が違ってくるからです。自分がどちらなのかを考えてみてください。