持家派のメリット・デメリット

家族を持ったら自分の家がほしい。 持ち家は夢だと思っている人も多いと思います。 家を建てる場合には色々なことに注意をする必要があります。 なのできちんと、持ち家のメリットやデメリットを把握しておくことが大切です。

持ち家のメリットは、マイホームを手に入れることができること。 ローン返済の後には自分の資産になるので、老後は安心して自分の家で暮らすことができます。
他にも、マンションよりも充実した気持ちになれること、そして住宅を購入するときには必ず団体信用生命保険に加入をします。 この団体信用生命保険は、ローン返済をする名義人が亡くなってしまったときや返済することができない特別な事情のときに、返済を免除されます。 なので、返済をすることなく自分の資産にすることができます。

一方のデメリットは、一回家を建てしまうと他の場所に移ることができません。 他にも、最長で35年という長い期間のローンで精神的に苦痛を感じることがあるし、税金関係や修繕費なども多くなってしまうので、ローンの返済以外にもある程度の費用が必要になってきます。

このように、住宅の購入を考えている場合にはメリットやデメリットをきちんと考えて自分にあっているのかという事を検討する必要があります。
一年の中での資金の運用を考えてみたり、税金分がどのくらい増えてくるのかということをきちんと把握することが持ち家を確保するときに一番重要になってきます。 なので、簡単に購入することはできますが、計画性を持つことがキーポイントです。