持家派&賃貸派どちらが人気?

結論から述べますと私の周囲は圧倒的に持家派です。
そして私はといえば賃貸派です。 確かに世の中を見ても、賃貸に住んでいる家族の目標はマイホームであり、消費税増税が予定されている昨今では、住宅展示場などは持家派によって人気急上昇のスポットとなっています。

逆に賃貸派による不動産屋は客数減少の寂しさを漂わせており、我が家の近隣の人気賃貸地区でも空室がチラホラと見えております。
ちなみに我が家も上位の人気賃貸地区ですが、やはり以前より空室が見られる状況にあります。 私が賃貸派なので、持家派の気持ちはわからないのですが、持家派は揃ってこう言います。
「動きたくない。落ち着きたい。」 動きたくないというのは転勤などによる引っ越しのことを指すのでしょう。


しかし、落ち着きたいという表現はどのように捉えれば良いのか悩みます。 推測としては家賃を払う必要がない、ということでしょうが、持家だってお金がいらないわけではありません。 固定資産税は毎年かかりますし、集合住宅ならば管理費だって発生します。
他、様々な設備投資や修繕費用は全て自費です。 汚されたら自分で掃除をしないといけませんし、古くなったら建替えなければなりません。 お金の話を主にしましたが、他にもたくさんの気配りが必要です。 その分賃貸は、家賃を払う分面倒なことを大家さんがやってくれます。

もし転勤になっても身軽に引越しが可能です。 けっこうプラス要素が多いと感じるのですが、それでもマイホームを夢見る方々が後を絶ちません。
家を持つ、ということは「暮らす」ということ以外にも一つのケジメにも繋がっているのでしょう。 居を構えるという大事を成し遂げることで、自分を奮い立たせる糧にもなるのでしょう。

賃貸併用住宅の建築はコチラまで!